ペチュニアを長く楽しむ方法

春から秋にわたって、長く咲いて得るペチュニアはガーデナーにとりまして欠かせない花の一つでもあります。そのペチュニアは買ってきて、ただ植えるだけでは長く楽しめません。ちっちゃな術が入ります。それは、大して買ってきたポット苗を鉢に植えた際に、惜しいのですが咲いている花、蕾を積んで仕舞う。これを摘心といいます。葉っぱだけの侘しい気質になるが2,3週間もすればまた時どき花が咲きだします。摘心は枝度合が生じるためのオペで、これをすることにより花度合も増えます。
ペチュニアは肥料を親しむ植物なので、液肥を与えるというサクサク成長してもらえる。すぐさま株気質が大きく、花を何やかや咲かせてもらえる。ただ、ここでいまいち術があります。ペチュニアは雨量にないので、梅雨入り頃に半分くらいの高さに切り戻します。その時に葉っぱの付け根を残すように下回ると、次の芽が出やすくなります。こうすることで、梅雨にかけの蒸れを防ぐことができます。花やつぼみを切ってしまうのが極度歯がゆい気がするのですが、このオペを始める結局、徒長する事なく秋まで綺麗に咲いてくれて長く楽しむことができます。サラフェ効果