世界中三大紅茶にあたって

近頃、comicoノベルの『紅茶つれづれ』というノベルにハマっています。
ニックネームとあり、紅茶を注視とした言明で、これを読むと優雅な気分になって現れるし、なにより紅茶が飲みたくなるんですよね。
紅茶というと、手軽にティー荷物で楽しむこともできますが、無性にティーポットで茶葉から淹れるのが美味しいです。
紅茶には実情三大紅茶というものがあります。
ダージリン、ウバ、キーマンの3部類の茶葉が、実情三大紅茶と呼ばれています。
そういった3つの紅茶は、紅茶の木の育った地方にて、友人オリジナルがなる。
ダージリンはエッセンシャルオイル、水色、渋みの分散と整っていて、相当飲みやすい紅茶です。
ダージリンのセカンド閃光は、紅茶を飲み慣れていない個々もおすすめです。
ウバは、ミントもののスッキリとした楽しみが特徴です。
牛乳ティーにするのが、おすすめの茶葉でもあります。
キーマンは中国がファブリックの紅茶です。
キーマンはエッセンシャルオイルにオリジナルがあります。
実情三大紅茶を飲み比べてみると、面白いですよ。http://xn--38jxbva1161a1zu1wuitfm0rof7b.xyz/