横浜みなとみらいの朝市

神奈川というと横浜を想像する。
横浜というと、あの大きな観覧自家用車に高層ビルが建ち並び・・ロマンティックな景色を思い浮かべます。
横浜は眠らない町、夜の町ですよね〜
好きな旦那って行ったら、おそらく忘れられないメモになりそうです!!
さて、そういう横浜はみなとみらいも、きらびやかな景色だけではなく、のんびりとした農家の朝市なんてのもあるんですよ。
横浜のとれたて新鮮な野菜や果物を市内のクリエイター(9のクリエイター組合って人間)が直売をしているんです。
スーパーなどでは大して見かけない物珍しい品種も並びますが、クリエイターが美味しい料理法を教えていただける。
前年の10月23日光と2月26日光は、お買いもの頂いたお客様に日頃の感謝をこめて祭礼を開催したんだとか。
朝市の身なりは・・
陸揚げの秋ですので、沢山のお野菜たちがいて、陸揚げ祭を彩りました。
市内産の秋冬野菜、奇抜でがたいが揃った良質な野菜たちが沢山並んでいる。
野菜あみです宝くじなんていう祭礼も開催されました。
農家産が作っている手作りの作製節度も大好評です。
みなとみらい農家朝市の開始日光といったポジションはここ。
平成29世代 2月26日光(日光)※
3月26日光(日光)
※少雨決行・荒天キャンセル
※2月26日光は、お買いもの頂いたお客様に日頃の感謝をこめて、祭礼を開催します。
祭礼は空模様等によって案内無く中止する場合があります。ご了承ください。
ポジション:高島真中公園(西区みなとみらい5−2)
マリノスタウン向かい(ジャックモール側)

神奈川シチュエーション葉山で各週週末に開催されている朝市。
こちらでは新鮮なお野菜やお魚、総菜やスウィーツなど色んなものを販売しているんですよ。
その場で食するも良し!持ち出しを貰うもヨシだ!
葉山牛による葉山コロッケで有名な旭屋牛肉ところも、ミナトの前の住宅内に出店している。
こういう葉山コロッケにジャストサイズな二つ折りパン(皮パン)も売ってあり、挟んでコロッケサンドとして採り入れることも。
その他にも、中トロ丼、つみれ汁、日影茶屋のおにぎりといった玉子焼き、手羽餃子など、豪華な朝めしのフィニッシュだ♪
美味しい食品を手に入れてその場で食べられるのが、至って幸せですよね。
買ったものは咳が開いていれば朝市の側における席で食べられるんです。
海を眺めながら潮風にあたり、朝から美味しいものを食す!
かなり幸せなことですよね。
葉山の朝市といえば、忘れてはならないのが、ラ・マレード・チャヤのタルトというお菓子の切り落とし。朝市特殊&分量限定の人類美味いと評判の期待商品で、確かに並ぶだけのプライスはあります。
主催:葉山市場振興会
通話:046-875-0315(永楽家)
ポジション:葉山町堀内50-20 漁獲協会館正面(葉山ミナト内部)
年月日:各週週末 
時刻:早朝8時半〜10時半。完売やり方しめ。 ※荒天時期キャンセル
来訪:京浜急行電鉄新逗子駅舎・地下鉄逗子駅舎
→京浜急行バス海岸廻り葉山往きで6分、バス停<鐙摺(あぶずり)>降車、歩き1分
自家用車は逗葉新道終点から3分。パーキングは葉山マリーナ辺り側パーキングをご利用下さい。参照サイト