鉛筆はカッターで削ります

私の強みはカッターでえんぴつを止めることです。従前、父さんが一心にえんぴつを得意げにカッターで削っていましたがセルフは電動のえんぴつ削りを使っていました。大人になりえんぴつを取り扱うことがなくなりましたが眉毛を描くアイブロペンを使うようになると、カッターで削ったほうが描きやすいし長持ちするのでカッターを使うようになりました。そうして三男が小学校に向かうようになり初めは手作業のえんぴつけずりを使っていたのですが面白がって無駄にえんぴつを押えるので手作業のえんぴつ削りをとりあげて例年せっせと自分がカッターで削ったえんぴつを学園にとって行かせるようになりました。三男も高学年になり無駄にえんぴつを削ったりする年齢もないので手作業のえんぴつ削りを使ったら?という、勧めてみましたが「夫人がカッターで削ってくれたほうが書きやすい」との部分。三男は筆圧が手強いので芯を削りすぎると書きにくいようです。それで私も相変わらず頼まれるという朝からせっせ、せっせと、カッターで三男のえんぴつを押えるのですがカッターで遠退けるえんぴつなんて学園本人さがしても何者手作業いないようで、言い方を書き忘れたえんぴつも断然三男のところに戻ってきます。インストラクターや周囲がみつけてくれても削り方をみて三男のものだと気づいてもらえるようです。三男から見ると今の自分は、概して父さんのように得意げにえんぴつを削っているのでしょうね。目の下のクマ ひどい