DVD「ヴァージン・スノー」を見た

宮崎あおいさんのファンなので、こんなのも見に行かねばならないのである。予告編を見て某なあと思っていたのだが、ともかく、まさになあ。夫に同行して日本の高校生に転校したイ・ジュンギ(『君主の男』、『フライ・ダディー』)がおんなじ高校生に伺うあおいさんに一目ぼれしてしまうのだが、初期の旦那のあまりにもNo日和な仕打ちに鼻白む心境。特に両者はセット合ようになるのだが、家の事情であおいさん、突如旦那の前から姿を消して仕舞う。傷心の旦那はソウルに帰り、後再会、ということになるが、再始動のきっかけになったという、あおいさんの絵画であるが、これが到底ソウルのエキシビションにお迎え罹るような優れたものではないのが、ちょい。『ただちゃんをかわいがりてる』のときの写真のほうが依然として優れていたよ。京都とソウルの景色の中での小さい恋内容という仕打ち。国中と韓国の共同構築でマネジメントは韓国自身。画像の世界では国境は今やなくなって掛かる。中国・香港・台湾の共同構築なんていうのもいらっしゃるくらい。あがり症